« カファレルのクリスマスチョコレートサンタやネコを描いたアドベントカレンダー&オーナメント缶 | トップページ | リミフゥデザイナー・山本里美にインタビュー服を通して希望を自分らしく前を向きたい人へ »

2022年5月28日 (土)

ドレスドアンドレスド2022年秋冬コレクション恋人たち無の身体

(DRESSEDUNDRESSED)の2022年秋冬コレクションが発表された。ビデオプレゼンテーションは、とのコラボレーションによる。何者をか抱きしめん──ドレスドアンドレスド 2022年秋冬コレクション - 恋人たち、〈無〉の身体|写真1ダムタイプの主要メンバーとして活躍した古橋悌二に捧げるコレクションとして製作された、今季のドレスドアンドレスド。そのテーマ「LOVERS」とは、古橋の遺作である同名の作品から取られている。ダムタイプの代表作《S/N》と同時期に制作された同作は、情報化社会におけるカルティエネックレスコピー制度化された現代人の身体と愛について静謐に描いた作品であった。ドレスドアンドレスドが・・の3シーズンにわたって、自己の内面と外面の関係性を「仮面」の1語に仮託しつつ探ってきたことを考えるならば、「LOVERS」とはその自然な展開のように捉えられる。ドレスドアンドレスド 2022年秋冬コレクション - 恋人たち、〈無〉の身体|写真3コレクションを構成する要素は、極めて抑制されている。やのスーツ。ゆらりとを織りなすワイド。ピークドと丈で仕上げたダブルブレストの。それらはいずれも、端正でありながら力強く、一点の濁りも感じさせない繊細な仕立てによって構築されている。バレンシアガスーパーコピー色調もブラックを中心に、ほとんど黒に近いダークやダークグレーと、鮮やかさや明るさに溺れることがない。ドレスドアンドレスド 2022年秋冬コレクション - 恋人たち、〈無〉の身体|写真8その黒々と落ち着き払ったショールカラーやダブルブレストのブレザーに白さを差し込むのが、さながらシャツをしたかのようなシャツカラーやである。この「さながら」に力点を置きたい。見かけと内実の齟齬。あるいは、人が認識できるのは現象のみであって、人に向かって現れてくるその向こう側に厳とそれ自体としてあるものには手が届かない。人に対峙する現象はシステムにより体系付けられるものの、物自体は黒々とそれ自身の裡にうごめいてやまない。ドレスドアンドレスド 2022年秋冬コレクション - 恋人たち、〈無〉の身体|写真11一方でまたスーツやチェスターコートには、円形の小さな鏡が散りばめられる。鏡? 人は自らの全体像を、独力で得ることができない。鏡を見つめ、水面のふるえを殺して水鏡を覗き──それゆえにナルシスはつねに危うい、水鏡に口づけを施せばたちどころにイマージュは崩れ去る、欲望とはその定義上永久に満たされることがない──、そうして獲得されたイマージュの諸断片から、ひとつの全体像を辛うじて構築するほかない。だからそれら小さな鏡のひとつひとつは、そこに対峙する人の姿を、しかしただその断片をかすかに返すのみ。それらは決して、ひとりの人という確かな像を結ぶことはなく、ただただ身体の曖昧さを暴露する。ドレスドアンドレスド 2022年秋冬コレクション - 恋人たち、〈無〉の身体|写真10大岡信はその詩篇「肖像」においてこう書いている──「きみは裏を貼っていない 鏡だ/涯しらずその内側にぼくは墜ちる」。口づけを試みるナルシスを蠱惑的に誘う、柔らかな鏡の奥底。だからここで、その向こう側に黒々とうずくまるものが執拗に残存するシステムの前で、自分自身の確かなイマージュを得ることもできない乱反射する鏡の前で、が有するある種な性格は不可欠なのだろう。この不確かな身体に、辛うじて輪郭を与えるためには。ドレスドアンドレスド 2022年秋冬コレクション - 恋人たち、〈無〉の身体|写真12ところで、古橋のHIVポジティブという事実を軸に組み立てられた《S/N》においては、テクノロジーが構築するシステムの透明性と完璧さが作品全体の基調をなす一方、そこから雫のごとく零れ落ちるようにして、システムに回収しつくしえない身体の不透明性がかすかに現れ出る。翻って、《LOVERS》にを捧げた本コレクションの映像では、暗がりの裡に投影された人物は抱擁の身振りを示すも、そこで何者も抱きしめられない。しかしこの「誰の身体も抱きしめない」を、「〈無〉の身体を抱きしめる」と反転させたい。意味に充溢したシステムにあって、その透明性に〈無〉は裂け目を開きうる。互いに重なっては〈無〉の身体を抱きしめることをやめないその身振りにもまた、脆く、傷つきやすい身体を確かに受け止める一縷の光を見てとりたい。

« カファレルのクリスマスチョコレートサンタやネコを描いたアドベントカレンダー&オーナメント缶 | トップページ | リミフゥデザイナー・山本里美にインタビュー服を通して希望を自分らしく前を向きたい人へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。